世界最高品質・最先端技術のレーシックはみなと眼科クリニックTOPへレーシック(LASIK)とは?レーシックが初めての方の疑問にお答えします。
レーシック(lasik)とは大分・別府みなと眼科を選ぶ理由レーシックの術式・レーシックの装置レーシックの質問大分県・別府みなと眼科クリニックについてレーシック 費用について
レーシック(LASIK)の安全性レーシック手術費用についてレーシック(LASIK)が受けられない方レーシック 体験記レーシック信頼の病院 大分別府
レーシック(LASIK)の安全性
また、失明を心配される方が日本にはまだまだ多くいらっしゃいますが、レーシック(LASIK)は角膜の表面にのみ施す手術であり、眼球内部に触れることはありません。医療論理上、失明の可能性は0(ゼロ)に等しいといえます。このようにレーシック(LASIK)は、安全性のきわめて高い手術なのです。  

アメリカを始め世界中で認知されているレーシック

アメリカにおいてはレーシックの年間症例数が130万件を超えています。FDAが1995年に(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省)エキシマレーザー治療による矯正手術を認可したことで急速な発展を遂げました。

日本国内では2000年1月に現厚生労働省がエキシマレーザーによる矯正手術を認可したことで安全性が確認されました。とはいえ日本国内の2008年の症例数は約40万件(当社調べ
)程度で、同年度におけるアメリカの症例数155万件(メーカー調べ)に比べると、普及度合いで大きく遅れています。
しかし近年、社会的な認知度が高まるにつれて、プロスポーツ選手や各階の著名人など、多くの方が裸眼視力による快適な生活を手にいれていることが報道されるにつれて、手術が身近になってきました。

 

アメリカFDA史上最高成績を誇る設備
みなと眼科クリニックが採用しているレーザーシステムは世界最先端の性能をもつ機器として、現在世界の眼科医からもっとも注目されており、欧州を中心に世界での評価は非常に高いシステムです。
アメリカで行われたFDA認可の臨床治験で、MEL80はエキシマレーザー歴代最高の視力1.0以上92.7%、強制制度±0.5以内85.1%というすばらしい成績を収め、2005年シカゴで行われた米国最大級の学会AAOでその成績を発表いたしました。
※FDA:アメリカ食品医薬品局。日本の厚生労働省に相当する政府機関

詳しくはこちら
▲アメリカのFDA認可の臨床治験で、歴代最高の成績を記録した、エキシマレーザーシステムMEL80  

 



みなと眼科クリニック 大分 別府 受付時間
資料請求や説明会、無料適応検査予約などに関するお問い合わせはみなと眼科クリニックで承っております。
レーシックと眼科のお問い合わせ


日曜日の眼科診察
みなと眼科クリニック 大分 日曜日スケジュール
みなと眼科クリニックは只今「診察時間外」です。

みなと眼科へのアクセス サイトマップ 眼科医 院長 谷脇祥徳
レーシック 体験談
レーシック 用語集
大分の眼科



Copyright (c) Minato Eye Clinic All rights reserved.